読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Yuigo・ん・・・湿っぽい

最近の話題はラジオ。賛否のど真ん中を行く性格です。

【10秒】このブログを評価してください。


[広告]






【雑】ブログタイトル変更しました・・・深夜とは何か、大学生論A。


このエントリーをはてなブックマークに追加

 ご訪問ありがとうございます。

 

 こんにちは。ぞ!です。

 出来事というものはいつも突然で、これは、人間の閃きがやはり突然である、ということに由来します。そんなわけでありまして、私も急転直下飛来した閃きとやらのお告げに従い、本ブログのタイトルを変更させていただきました。

f:id:m4usta13ng:20140322162638j:plain

 「深夜ジェネレーション」。

 この言葉自体は、私の中ではあまり新しいものではありません。元ネタは、私がかねてから愛聴しているBase Ball Bear(以下;BBBと略します)というバンドさんの、「夕方ジェネレーション」という曲です。この「夕方ジェネレーション」という言葉は、BBBのテーマと言ってもいいでしょう。彼らが取り扱う曲は、大体は中学生、高校生といった甘酸っぱい季節のそれはそれは甘酸っぱい妄想・・・そう、それは妄想であり、ひと夏の冒険も、少し危険味ある体験、これには実体というやつが少し足りません。どうしてもそれがかけている。だからこそBBBの曲足り得る、ということも言えます。現在のBBBがなおも変わらず「夕方ジェネレーション」をテーマに掲げているか、と申しますと、これは少し変わっているかも知れません、と、だけ言っておきます。

 このことについては後々、また機会があったらお話するとして、私は、「高校生が夕方なら、大学生は深夜だ!」という浅はかにもほどがある発送によって、「深夜ジェネレーション」という言葉を思いつき、かねてから自作のポエムなどに挿入していました。そしてこれが、今現在の私のテーマになっていると言えます。

 

 ━━━━深夜、そして夕方とは、どのような時間帯なのか。なぜ私は「夜ジェネ」をすっとばしてしまっているのか、ということについて。

 

 夕方、という時間帯には、「おわり」という成分が多く含まれている、と私は考えています。高校生は未来にあふれた世代ですが、彼らは余りにも多くの終わりを抱えています。学校もしかり、部活も、友達も、ずっと同じような接し方は難しくなる。いつの間にか、恋心にしたって、卒業生の多くは当時のそれを「そんなこともあったなあ」と、懐かしむようにして考えるようになってしまっています。一人暮らしをしている私のような人間にとっては、家族というテーマについてもひとつの「おわり」を設定せざるを得ませんでした。高校生とそれ以後を境に大きく生活のリズムは変化していますが、それは、言葉を換えれば「おわり」が沢山存在している、ということにもなります。

 そして、誰もがその山になった「おわり」を認識して、猶予期間を過ごしているのです。誰もが、「おわり」を意識して高校生活を過ごしている、と私は考えています。だからこそ。夕方ジェネレーションに生きる彼ら、彼女らはどこか魅力的な色を残しているのかも知れません。

 そして、私たちは、深夜になる前に、とても短い夜を過ごしています。それは「宴」と換言して良いでしょう。沢山の「おわり」を、そこで精算するもよし、深夜のお供とするもよし、すべて投げ捨てても構わない。そんな自由な時間が夜、であると考えます。ちなみに、私は大半の「おわり」を、それを目の前にして、どうすることも出来なかった一人の人間です。殴っていいのか、抱きしめていいのか、「おわり」の強大な闇に打ち勝つことが出来ず、深夜である今もそれに向かって問いかけている、といった表現が合っているかも知れません。みなさんは、「おわり」をどのように処理しましたか?と問いかけてみます。コメントを頂いても気の効いた返事ができるかなんて、全く分かりませんが。

 そして、大学生となった私は、深夜を過ごしている、と、自身を判定します。深夜。早々に眠りについて、早起きして朝を過ごそう、なんて考えるひともいます。そんなっひとは、大学生にすると、禁欲的に勉学に励んでいるひとに当たるでしょう。

 しかし、多くの大学生は、そのような行動をしていません。できません。なぜなら、私たちは、深夜というこの時間帯が、私たちに与えられた最後の「自由時間」であると言えるからです。そして、これは、最後の「『わたし』に正直になれる時間」。大学生は、この厳しい現実を深層心理において認識して、足掻くようにして、夜更かしをしているのだと思います。ときには仲間たちと、正直になれるのは「修学旅行の夜現象」でしょう。ときにはひとり、私がこのブログを続けるように、見えないものに向かって叫び続けている。文字を放ち続けている。これが、深夜ジェネレーションである、と私は考えています。

 

 そんなわけで、これからもこのブログを、たまーに訪れてくれるとありがたいと思います。

 

 読んでくださりありがとうございます。

 


フラワーカンパニーズ「深夜高速」手書きPV - YouTube


【リンク】このブログを評価してください。