読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Yuigo・ん・・・湿っぽい

最近の話題はラジオ。賛否のど真ん中を行く性格です。

【10秒】このブログを評価してください。


[広告]






【雑】頑張れ「КЕИСУКЕ ХОНДА」!(文字化けしている可能性有)


このエントリーをはてなブックマークに追加

 

訪問ありがとうございます。ぞ!です。

 

タイトル読めますか?

 

 

 

 

お前平日は毎日書くと言っていたじゃないか、と。アクセス数の伸びなさに諦めてしまったのか、と。そういうわけではありません。もともと、アクセス数が伸びるとなにか特典があるというわけではないし、アフィリエイトは(ときどき冗談の意味でリンクを貼っていますがお金は絶対に入ってこないので)遊びでやっているだけなので、この数字にには意味がないのです。ただ、この場所は第一には自分自身のためにあるといいますか、そのような目的なのであんまり他人の目は気にしてはいけません。

ただ、昨日に関しては、久しぶりに(ひとりで)アルコールを摂取したら思いのほかまわってしまい、なにやら危険なことを考え始めてしまい、これを公開したらちょっとイザコザカサカサしてしまいそうだ、ということでおやすみにさせていただいた、という次第だったのです。いつもギリギリのところを攻めていく姿勢ですが、超えてはいけません。100人いたら10人は「オフサイドだろ~」というくらいの、で、実際カメラでみたらまったくもってセーフでした、というくらいの飛び出し方をしていくつもりなので、明らかな反則は自粛した、というわけなのです。そういうこと。

ただ、投稿数がひとつ減ってしまったということは間違いがないので、どこかで埋め合わせをしたいな、とは思っています。それがどういう形になるかはわからないし、誰もそんなことを気にしている人はいないと思いますし、これも気分の問題です。

そもそも、いつまでこうして連続して投稿が出来るか、ということも考えなければなりません。今のところは、長期でどこかに出かけたりする場合は事前に書いておこう、とか、モチベーションがとっても高いのですが、それもどこまで続くかな、というのが実際のところ。いきなり生活が慌ただしくなるかもしれませんし、社会人になろうものならもう無理ですね。おそらく。すべてを書く事はできなくなってしまうはずです。

そんなわけで、やっぱりこのブログは私の好き勝手でお送りしているということです。時折、TwitterやFB、その他でコメントをいただくのはとても嬉しく、好き勝手だからといってそれらを無視しているというわけではないのですが、自分のためにやっていることなので、こんなルールでやっているということです。

 

事務的ィ!

 

 

*  *  *

 

世間はワールドカップで盛り上がっていて、私もいわゆるニワカサッカーファン、ニワカ浦和レッズサポーターなので、細かくチェックをしています。一番はやっぱり日本代表なのですが、いま勉強しているのがロシア語、ということもあって、ロシアチームもほんの少しだけ気になっているところであります。とはいっても、選手がひとりもわからず、監督が名将だということだけしか知りません。初戦は韓国に引き分けだったので、予選を突破できるかは分からないところです。

ロシアのサッカーといえば、本田圭佑選手はイタリアの名門、ACミランに移籍するまでは、ロシアのクラブであります「CSKAモスクワ」というチームにいたので、それが有名なのではないかな、と思われます。そして、本田選手がプレーしていたときのユニフォームがこちら。

 

f:id:m4usta13ng:20140619004651j:plain

 

これで本田って読ませるのか!?とびっくりした人は多いと思いますが、ロシア語ではしっかりホンダ、と読むことができます。いわゆるキリル文字なのですが、キリスト教を伝えるために作られた言語、ということもあって、他の言語を利用しているためか、非常に厄介な読み方になっているようです。

まだ勉強し始めて2ヶ月弱、更には大学の第二外国語レベルということで細かいことをきかれてしまうと何も答えられない(挨拶で精一杯)私ですが、なぜこれを「ホンダ」と読むのか説明します。

キリル語の「X」は、アルファベットで言う「H」に相当します。発音もハーッ、って感じなので、本当はもっと細かいのですが、興味がなければそのまま入れ替わっていると考えてもいいでしょう。

次に、「H」は「N」に相当します。「OH」とくれば、オン、と読むことができます(「O」のように、ほぼそのまま使われているものもあります)。

そして、「Д」ですが、これは顔文字やAA(アスキーアート)をつくるときに多用されますね。ちょっとひねくれているときの口を作るときは真っ先に浮かびますし、若い世代であるほど親しく思うでしょう。これはアルファベットで言いますと「D」になります。もっと細かく言えば(以下略)。

残りの「O」「A」に関しては、そのまま使ってもらって構いません。

この他に、「C」は「S」の、「P」は「P」の役目を果たしていたりするのが特徴のひとつです。これがややこしい、と思われる原因で、私も未だにアルファベットの感覚で読んでしまいます。また、「Π」のように、ギリシャ文字を利用している文字もあり、これは「P」の役目を果たしています。「Л」は「L」です。ロシア語特有のものは他にもありますが、変換して出すのがとっても患わしいので割愛します。「キリル」って打つと変換出来るのですが、一つ一つ選ばなくてはならないのです・・・・・・(例えば「И」(イー)「Ж」(ジェ)「Ю」(ユー)なんかが特徴的だと思います。)

 

というわけで、「ХОНДА(XOHDA)」は「ホンダ」とちゃんと読むことができます。

 

このシリーズは多分続きません。続くとしたら、次回は「ラブライブのエリチカの口癖を解説する」です。たぶんどっかでもうやってるでしょ。

 

タイトルのキリル文字が合っているか不安なところですが、今日はここまで。書こうとしていたことがあったのですが、思いのほか長くなってしまったよ!

 


ロシア連邦国歌(日本語訳字幕付き) - YouTube

 

読んでくださりありがとうございました。


【リンク】このブログを評価してください。