Yuigo・ん・・・湿っぽい

最近の話題はラジオ。賛否のど真ん中を行く性格です。

【10秒】このブログを評価してください。


[広告]






【詩】無題


このエントリーをはてなブックマークに追加

 

訪問ありがとうございます。

 

詩:無題

 

炎上した女学生の写真には僕がいた校舎が映り込んでいた

わざとじゃないかって言うほどダサいジャージで笑っている

今の時期は、文化祭だっけ

スクールカーストを掻き混ぜる季節である

 

僕はあの日、何も無いという世界が嫌になって

俯きがちな竜に乗って潜る潜る

 

Facebook、誰かの友達があの街を記憶に焼いていた

こんな片田舎でなんで君は大の字になって笑っている

あの店は、潰れたんだっけ

1年ごとに違う明かりが灯る

 

僕はあの日、たぶん永遠に弾けない曲を

愛して、泣いて、眠れなかったんだ

 

この世界の果てには高い高い壁が人間をにらむ

僕はそこに寄りかかって安部公房を読むために生きている

今世界の終わりはどこかに眠っていて

誰も見つけることは出来ないんだ不覚にも明日が来る


【リンク】このブログを評価してください。