Yuigo・ん・・・湿っぽい

最近の話題はラジオ。賛否のど真ん中を行く性格です。

【10秒】このブログを評価してください。


[広告]






【詩】アフターセカイノオワリ


このエントリーをはてなブックマークに追加

 

訪問ありがとうございます。

 

詩:「アフターセカイノオワリ」

 

 

 

何の変哲もない二人は、一つの机を挟んで寝転んでいる

その体勢は、屋根の下なのにまるで星を視ているみたいだ

だが、あれは何?ああ、そういえばそんな風に視えるかもしれない

知ってる、あれはオリオン座でしょ?それしか知らないんだけど

そんな会話が聞こえてくることはない

 

ベクトルは光となってどこまでも屈折する

何の理由かもわからない壁が二人を翻弄し別れさせる

それでもここにいるということを

最後に二人が残ったということを

どうか忘れないでほしい

どうか忘れないでほしい。

 

部屋に投げ出された何かのコントローラーはやがて大地の肥やしとなる

明日にも大樹の子供が、さっそく人間を見下し始めるだろう

二人はある時から背が伸びなくなった

わからない言葉が分かるようになっても、頭の中に立体をイメージして

応用問題が解けるようになっても

本棚の一番上にある文字が見えるようになった時でさえも

背が伸びたとは思えなくなった

波紋がだんだんと薄くなるように

隕石がその体を削るように

街から友人たちは消えて行ってしまった

性格には、視えないようになってしまった

こうして二人がこの部屋に残っている

その理由がわからないから、二人は眼を合わすことが出来なかった

もしこれが悪魔的な誰かのゲームだったとしたら

最後の一人を選ぶクライマックスなんだろう

しかし二人は成す術を持たない

机の上のポテトチップスも、どこか寂し気なM-ONも、魔法の言葉「OK、Google!」も

何も二人を突き動かすことは出来ないのだ

 

ベクトルは光となってどこまでも屈折する

何の理由かもわからない壁が二人を翻弄し別れさせる

それでもここにいるということを

最後に二人が残ったということを

どうか忘れないでほしい

どうか忘れないでほしい。

 

 

この世界がもう二度と朝を迎えないことを知ると

二人はいったい、どうするだろうか

 

 

 

読んでくださりありがとうございました。

 

m4usta13ng.hatenablog.com

 

 

m4usta13ng.hatenablog.com

 


【リンク】このブログを評価してください。