Yuigo・ん・・・湿っぽい

最近の話題はラジオ。賛否のど真ん中を行く性格です。

【10秒】このブログを評価してください。


[広告]






(報告)学生ファシリテーターします【雑66】


このエントリーをはてなブックマークに追加

 

訪問ありがとうございます。

 

f:id:m4usta13ng:20141015025711j:plain

 

この記事が出ているころには大分準備が進んでいるかと思われますが、今月中には所属していたサークルを辞めることにしました。国際貢献兼ソーシャルビジネスをしているサークルです。組織に問題があったわけではなく、もっとやりたいことがあって、そしてそれが我慢ならなかった、というのが(表向きの)一番大きな理由です。

あ、でもインターカレッジの集まりにはこれまでどおり顔を出そうと考えています。「元X大学支部所属」みたいな感じになるけど。これって退学したみたいな勘違いを起こしてしまいそうだけど、仕方なし。

 

その「やりたいこと」がなんなのかというと、大分始動が遅くなってしまい、もう就活始まるじゃないか、というセルフツッコミも承知の上で、細々とやりたいことです。

 

 

 

端的に言うと、

「学生ファシリテーター(仮)として様々な学生による団体のお手伝いをしたい」

というものです。説明します。

 

 

 

なんだそれ

 

 

 

まず、学生ファシリテーター(仮)ってなんですか、という話。ファシリテーターというのは、議論の進行役、参加者が円滑に、かつ効果的な話し合いができるように司会進行や問いかけ、その他様々な調整をしていく役割のことを言います。単に「進行役」と捉えてもらえばOKです。その役を受け持つひとがファシリテーター、略してファシリ。初めて聞いた人の半数以上(主観)が「パシリ」と間違えます。間違いであってそうでもないところがキモです。

社会人レベルになると話し合いにそのチーム以外・また全く別組織の部外者がファシリテーターとして参加することがあるのですが、学生レベルでそんな贅沢なことができるはずがありません。そんなモノ好きいないし。

で、学生の話し合いにはファシリテーターが明確に設置されていないため、どこか効果的なミーティングが成立しない、という問題がずっっっと残っています。まあ、会議をすれば自然とまとめ役みたいなひとが生まれて話し合いが進んでいくのですが、その「まとめ役」はまとめ方を知っているはずもなく、場当たり的に調整をしていくから、話し合いの直後は満足しても時間が経つとなんか違うな……と気づいたり、メンバーのするべきこと、いわゆるタスクがしっかりと配分、認識されていないことによって混乱したり取り返しのつかないことに繋がったり、という問題が日常茶飯事なのです。

 

一言で言ってしまえば、「会議がなんとなく進んでいる」という現象です。

私は「なんとなくない」会議を見たことはほとんどありません。私が介入したとき以外の話ですが。

その問題をなんとかしたい、面白いことをしたい、という気持ちがあっても、理論、ロジックの面でカバーできないと話し合いは成立しません。そして、メンバー全員が問題意識を同じ文言で共有することも、感情だけではできません。結果、「一部の人だけ頑張ってる」学生組織にありがちな問題が表面化します。

 

という訳で、入学以来チラチラとファシリを勉強していた私の問題意識として、この「なんとなく」をどうにかしたい、というものが偏在していました。そして、事あるごとにファシリを買って出て、インプットしたことを試す、ということを繰り返してきました。

例えば小さなグループ、3~5人のグループディスカッションでファシリをしたり、数十人規模のワークショップを開いたり、100人規模のイベントで司会進行をしたこともファシリテーションの経験として蓄積されています。しかし、これらの経験はどれも一回きりであって、なおかつ不定期の試行でした。そのため、大きな問題が発見されたとしても、その解決段階まで考えることが許されなかったり、問題のその後……を見ることが許されていませんでした。いわゆる不完全燃焼というやつです。

という訳で、「もっと日常的で、もっと継続的なファシリテーション」をすることが、今後経験を踏んでいく上で必要とされるアクションなのではないか、ということにたどり着きました。そして、自分がそれまで関わっていない、もっと客観的な(ファシリ的な)立場でかかわるために、学生ファシリテーター(仮)として立ち回っていく必要があるのではないか、という考えに至りました。

そして、客観的なファシリテーションがお手伝いをすることは、お節介になりかねないが、難しさを感じている話し合いの質向上に一役買うことが出来るのではないか、というニーズを勝手に想像しています。

 

 

 

 

 

 

お話したいです

 

 

 

まずは、色々なコミュニティの話を聞きたいと考えています。学生の集まりならどこでも構いません。真面目なことをしている組織、遊びをするところ、文化系でも運動系でも、学生団体でもサークルでもゼミでも、とにかく「話し合い」をすることが難しい、と考えているのであればその話を聞かせて欲しいと考えています。

そして、私に手伝えることがあれば、実際に会議に出向いてファシリテーションさせていただいたり、ワークショップを開いてゲーム感覚で問題解決に取り組んだり、ということを提案します。そこまで行かなくても、このような方法はありませんか?会議ではこのような立ち振る舞い方が求められます、などのアドバイスもさせていただきたい。

これは言わなくてもいいと思いますが、絶対に何が何でも無料です。むしろお金を払わせて欲しいレベルです。だってそこまでスキルないもん。そして、私はお金を払ってファシリテーション研修を受けたこともなく、全て教科書と実際の経験によって学んできたため、そういった報酬を受ける理由はありません。だから気軽にお話したいです!個人的な会話では本名で対応します。

 

 

 

よろしくお願いします

 

 

 

思いつくままに書いてしまったので雑なのですが、ぜひぜひよろしくお願いします。私が知っている団体・そうでない団体どっちでも関係ないし、学生であれば、組織の代表者である必要もありません。基本的に関東であれば直接お伺いします。気分でその外にも行きます。スカイプなども対応します。時間があれば、です。

 

連絡は私のメールアドレス、またはブログコメント、Twitterなどどこでも構いません。

address:dpa4o13★yahoo.com(★→@に変更してください)

Twitter:@m4usta13ng

 

 

 

 

読んでくださりありがとうございました。

 


【リンク】このブログを評価してください。