読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Yuigo・ん・・・湿っぽい

最近の話題はラジオ。賛否のど真ん中を行く性格です。

【10秒】このブログを評価してください。


[広告]






不思議な大学生のリレーブログ「放課後は書くことにした。」が帰ってきた!おすすめポイント3つ【雑69】


このエントリーをはてなブックマークに追加

 

f:id:m4usta13ng:20141104011126j:plain

 

訪問ありがとうございます。

 

わたしは夏期休暇中、暇な大学生だということで平日は毎日ブログを書こう!と思い本当にそれをやっちゃったのですが、そのときになんとなく目標にしていたのが、『放課後は書くことにした。』というリレーブログでした。

 

f:id:m4usta13ng:20141104004538p:plain

放課後は書くことにした。

 

改めまして、はじめまして。

「放課後は書くことにした。」と言います。

「放課後は書くことにした。」は関西の学生7人による、曜日ごとに筆者の変わるリレーブログです。それらしく言うなら、「連載」です。

毎週1つ、文章に対してお題を設定し、それぞれひとつの曜日を担当する7人の大学生が、そのお題についての文章を書いていきます。(例えば、『あおい』について、『軽い』について、『痛い』について、『まぎらわしい』について、等等…)

 

 

 

【 放課後は書くことにした。2学期 連載開始決定 】

ということで、放課後は書くことにした。は、これから2学期に突入します。メンバーも改め、7人のメンバーでお送りします。どんなメンバーになったのかは、その人の曜日がやってきて、初めて文章を読んだときのお楽しみということで。

 

 

 

これからまた3ヶ月間、お楽しみいただければと、メンバー一同、筆を(えんぴつを、万年筆を、マッキーを、ボールペンを、殆どの人はキーボードを)握りしめて奮い立っております。

みなさま、またこれから3ヶ月間のご愛顧のほど、よろしくお願い致します。

2014.11.2 放課後は書くことにした。2学期 著者一同

 

 

(以上、放課後は書くことにした。2学期 がはじまります。 | 放課後は書くことにした。より)

 

昨年に突如始まりわたしみたいな大学生ブロガーを震撼させたこの『放課後は書くことにした。』ですが、なんと今週から「2学期」として帰ってきたのです。これまた突然、晴天の霹靂だったりします。

 


「放課後は書くことにした。」 | Facebook

 

Facebookページは、大々的に宣伝をしているわけでもないのに「いいね!」は600をオーバー(11/3時点)。学生でこの数字はなかなか見ないので、その隠れた人気の大きさが伺えます。羨ましい。多分わたしがFBページ建てても、10くらいしかいいね!もといええやん!もらえないんじゃない??

 

それで、このブログの何がすごいのかってことを紹介していきます。

 

 

 

1.不思議なひとたちによる不思議なブログ

 

最近の人気なブログって、どれも親切なものが多かったりする。タイムリーな社会問題に対してアプローチをしたり分かりやすく書いてあげたり、たくさん画像や図解を載せてくれたり。多分、ブログを書く事がお小遣いに繋がりやすくなった、というシステムの変化によってこんな感じになっているのですが、このブログはそうではない。ちょっと前のブログ黎明期のような、「好き勝手書く!」という姿勢が貫かれています。

 

言い忘れていましたが、このブログはリレー形式で、曜日の担当者が1週間の共通した話題に関して書いていくのですが、誰もかれも他のメンバーのことを気にしていない!清々しいくらいに自分のフィールドを貫いています。

 

 

 

2.思わずニヤニヤする初々しさ、そして成長

 

こうしてブログを書いていると、やっぱりだんだんと慣れが出てきてしまうもの。その人自身の文体や書き方も、なんとなく形骸化して、エッジとかいう類のものがだんだんと削がれていってしまいます。

 

そことは正反対にいるのがこのブログなのですが、殆どの書き手がブログというメディアにあんまりなれていません。日本人って基本的に作文が下手ですからね。教育課程では「文をたくさん重ねること」を教えてもらっても、受験で小論文を書かない限りは「文をそぎ落とすこと」を教えてもらえない。だからダラダラしてしまう。

 

しかし、『放課後……』のブロガーは、自分が書き慣れていないということに臆していないような気がします。どことなく自信をもって、というか、なんとなく開き直ってしまっています。だからこそ見ていて楽しいのかもしれません。

 

そして、曜日ごとに担当をしているので、1週間2週間とたっていくうちに、自分のスタイルを身につけていく。その変化にも注目するとより楽しいですね。3ヶ月という短い中に、自分の本質を、ブログという「外に向けて書く行為」なのに、「自分の内側を見つけていく」という変化にたどり着く。これは滅茶苦茶面白いんですよってこと、どんどん伝えていきたいです。

 

(ブログを書いていると、自分自身が書いた文章に自分が洗脳されていく、ってイケダハヤトが言っていた気がします。「洗脳」ってのは悪い意味ではなく。)

 


ブログとは自己洗脳である:自分は記述した通りの人間になっていく : まだ東京で消耗してるの?

 

 

 

3.いつの間にかブログに参加しちゃう

 

このブログはほっとんどフリー、自由に書いているのが楽しいところなんですが、唯一と言っていいルールが、週ごとにテーマが決められているということです。昨年は毎週何かしらの「形容詞」がテーマになっていたのですが、2学期となる今回は「場所」がテーマになっているようです。そして今週は「公園」がお題。そして、公園について書ければ、あとはなにを書いてもいいというわけなのです。

 

ということは!読んでいる人も「公園」について考えることができる、これが楽しいところなのです。そして、なんなら読み手も自分のブログやTwitterでもFacebookでもLINEのタイムラインでも良いから、自分なりの「公園観」を書いちゃえばいい。そしてコメント欄にそのリンクを貼っちゃえばいいのです。これでどんどんブログの輪が広がっていく。これが最高の状態なのだと思います。

 

だから、特に大学生は、『放課後……』のブログを読みながら自分でも書いちゃって、わたしの方が面白くかけたぞ!って挑戦状を叩きつけてやればいいと思います。

 

 

 

 

これだけよいしょして何が言いたいのかというと……

 

代打オファー待ってます!

 

以上です。

 

 

 

 

【リンク】このブログを評価してください。


 

 

読んでくださりありがとうございました。


【リンク】このブログを評価してください。