読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Yuigo・ん・・・湿っぽい

最近の話題はラジオ。賛否のど真ん中を行く性格です。

【10秒】このブログを評価してください。


[広告]






君は嘘より美しい【2014works】


このエントリーをはてなブックマークに追加

 

訪問ありがとうございます。

 

 

 

f:id:m4usta13ng:20141013061736j:plain

使用フォント:フロップデザイン(フリー)、小塚ゴシックPro H、サウンド オブ ひびのせいかつ(フリー)、こころ明朝体メイリオ

使用ソフト:PowerPoint2010

 

 

 

*   *   *

 

 

「君は嘘より美しい」

 

 

一重瞼擦るひとは

カーテンみたいなスカートを巻いている

ベージュ色の硬そうな

ひとが沢山居すぎる街

暗転したら葉っぱになっている

そんな阿呆な想像が

 

教室で踊ること

許された女子生徒

数学のノートに

丸ゴシックみたいだ、そいつ

 

跳べずに死んだ詞(ことば)の布団に横たわる

君はもっと美しく在るべき

僕の正に小手先の形容詞ではとうに届かない

嘘よりも美しい筈

 

 

 

交差点で待ち尽くして

赤信号の見合い相手である

忘れることばかり訊いて

ひとが沢山不修多(ふしだ)る街

回転扉に挟まってしまう

みたいな過去が広告物が

 

前提の上で生きている

幸せな体育教師

昨日は遠くで

サイリウム振っていたね

 

今日だけふざけてうつ伏せになって眠る

僕は直ぐに分からなくなった

君が机に縦書いていたあの叫びは

嘘よりも息苦しく

 

 

 

或る日世界の果てに壁が出来たら

そこに君がもたれている

「私より素敵な腕時計が化粧して

クローゼットに私を仕舞った」

 

 

 

跳べずに死んだ詞(ことば)の布団に横たわる

君はもっと美しく在るべき

僕の正に小手先の形容詞ではとうに届かない

嘘よりも美しい筈

 

跳べずに死んだ詞(ことば)の布団に横たわる

君はもっと美しく在るべき

僕の正に小手先の形容詞ではとうに届かない

嘘よりも美しい筈

 

 

 

 

 

*   *   *

 

 

読んでくださりありがとうございました。


【リンク】このブログを評価してください。