Yuigo・ん・・・湿っぽい

最近の話題はラジオ。賛否のど真ん中を行く性格です。

【10秒】このブログを評価してください。


[広告]






「話題のマリオカート動画、誰を見たらいいですか?」「いわたしゃちょう!」ことアスさん【オススメ動画9】


このエントリーをはてなブックマークに追加

 

訪問ありがとうございます。

 

f:id:m4usta13ng:20141214192815j:plain

 

任天堂の「クリ奨」発表によって、任天堂のゲームソフト(一部)を実況することが実質的に「合法」になりました。今まで、人気はあったもののあくまで「グレーゾーン」であったゲーム実況というフィールドが、なお一層盛り上がりを見せています。

 


任天堂が革命 「クリ奨」公認開始 | web R25

 

 

ゲーム実況動画に限らず、ゲーム音楽の「弾いてみた」「歌ってみた」「描いてみた」等も含め、動画クリエイターが安心して二次創作に取り組める環境を構築していく姿勢を表明。ユーザーは同社が指定する「クリ奨」対象タイトルを用いた二次創作動画をニコニコ動画に投稿。それが任天堂から許諾されると、作品は「クリ奨」の奨励金支払い対象となる。 

 

 動画と言えば最近は「Youtuber」が話題だが、ついにニコニコ動画でのゲーム実況でもお金が入るようになってくる。ニコニコの実況者はあまりお金とか人気のために動画を作っている人はいない印象(むしろ、稼ごうとする姿勢が好まれていない。とはいっても、公式の生放送に出演したり、現時点でも収入を得ている投稿者もいることは確か)だが、ゲーム実況というあり方そのものが大きく変わってくる可能性がある。どの方向に向かっていくのは分からないが。

 

   

 

そんな任天堂ソフトのゲーム実況で一番の盛り上がりを見せているのが、個人的には「マリオカート8」だろうと思う。最近スマブラWiiUが発売、待望のポケモン新作もあったから今後はどうなるか、と思っていたが、多くの実況者が共演しやすいゲームの性格を生かして、まだまだ実況者同士の大会が繰り広げられる見込みだ。大会動画としては「ひと夏のマリオカート8」が初めてだが、この大会が「ひとつのレースについて、各プレーヤーの視点を分けて観る」というマリオカート動画の魅力を発掘した。また、大会でなくてもニコ生などで一緒に走っている、なんてことがよくあるので、最近実況者のTwitterを大量にフォローすることにした。マリカを持っている人は、リスナーとして一緒に走ることも出来るから、楽しみ方は多種多様だ。

 

 

【オススメ2】マリオカート実況者大会が面白かったのでぜひ - 元意識高い学生のブログ・深夜ジェネレーション

 

 

これは他の動画にはない魅力だが、これにはひとつデメリットもある。それが、「実況者が沢山いて、誰のを見ていいのかわからない」ということだ。あまりにも多くのプレイヤーがいるため、今から観ようかなというひとにとっては、誰を観ればいいのか、という面倒が増えてしまうことになる。

 

それに対しての答えは、別に誰でもいい。その人が面白ければ続けて観ればいいし、ピンと来なかったら次は別のひとを観ればOKだ。そして、大会動画にたとえば12人参加していたとしても、これにしたってみんな観なければならない、ということではない。普段から観ている実況者の視点から観て、あとは気になったところに行けばいい。簡単なことだ。

 

 

私からのオススメは「アス」さんという実況者だ。アスという名前よりは、「いわたしゃちょう」という名前が有名かもしれない。その名のとおり、任天堂の岩田社長をデフォルメ化した「いわたしゃちょう」というMiiキャラクターでサーキットを駆け抜けている。他実況者の動画に度々登場していたが、最近になって本格的な実況者デビューを果たしている。

 

 

 

f:id:m4usta13ng:20141214195137j:plain

 

そんないわたしゃちょうことアスさんの魅力は、なんといっても「丁寧」なことである。

 

まず、マリオカートが単純にうまい。うまいプレイの動画は映えるし、安心感がある。マリオカートはこういうテクニックがあるのか、というのが初心者にもわかりやすい。うまいだけだったら他にもねじれてるひととかいるじゃないか!と言われるかもしれないが、日本代表クラスの腕とまではいかないがとにかく安定感のある走りは初心者向けとしてもピッタリだ。

 

そして、その喋りもとても丁寧だ。ゲーム実況というとノリで喋るんでしょ?と思うひとは多いかもしれないが、このひとの丁寧な解説を聞くと、そう簡単なものでもない、ということがわかってくる。マリオカートとはどういうゲームなのか、ということが、初心者にもわかりやすい。ゲーム実況はもっと「能力」として認められるべきだ。

 

さらに言えば、他実況者へのリスペクトが見受けられる点もとても印象がいい。このひとはどういう人で、この大会に出ていました、こんな動画で有名ですね、という一連の説明をしてくれるので、「まずアスさんの動画を観て、そこから他の実況者に移る」という「ハブ」的な役割を果たすことが出来るだろう。

 

偉そうに語ってしまいましたが、これからの活躍を願っています!!

 

 読んでくださりありがとうございました。

 

関連記事

 

 

ゲーム実況者に蔓延する「ネクロダンサー症候群」とは?【オススメ動画6】 - 元意識高い学生のブログ・深夜ジェネレーション

 

 

WiiUのピクミン3、若干空回りな初見実況プレイ【オススメ動画2】 - 元意識高い学生のブログ・深夜ジェネレーション

 

追記・本人さまに「勝手に記事書いちゃいましたごめんなさい」とリプしたところ、アスさんの優しさに触れる。泣く。

 

 

泣ける。ありがとうございます!ファンとして応援しています!!

 

 


【リンク】このブログを評価してください。