Yuigo・ん・・・湿っぽい

最近の話題はラジオ。賛否のど真ん中を行く性格です。

【10秒】このブログを評価してください。


[広告]






ニコニコ動画は現実よりもオトコ社会?


このエントリーをはてなブックマークに追加

 

訪問ありがとうございます。

 

わたしはニコニコ動画を観ることが生活の軸のひとつになっていますが、それとはまた別にいろんな勉強や調べ物をちょこちょこしている。一応大学生だからね。

 

そんな中で、ジェンダー関係のことを興味をもって調べているのだが、ふとしたときに、ニコニコ動画ってどこかオトコ社会だなあ、と感じるようになってきた。

 

f:id:m4usta13ng:20141215223003j:plain

[フリー画像素材] フォトレタッチ, 人物, 男性, 外国人男性, 遊び / ゲーム, PC / パソコン ID:201403251000 - GATAG|フリー画像・写真素材集 4.0

 

社会に出るととくにオトコ社会を感じるようで。本質的には誰もがヒトであって、男女の別以前に君もわたしも同じひとだよ、という合意があって接していたほうが大分楽で、肩肘張らなくて済むと思うのだけれど、昔からのことは簡単には変わらない。社会に女性が飛び込んだところで、男性はひととして見てもらえても、女性は「ヒト」としてではなく女性として見られながら生活している、そんなようにわたしには映ってしまう。

 

このような光景は古臭い現実社会だけ?と思いがちだが、若者が集っているはずのネット社会にしたってオトコ社会は健在だ。どうしてなんだろう。

 

   

 

ニコニコ動画で活躍している女性は、大抵「女性」であることを求められているような気がする。そりゃあ、無闇に「かわいい」ってコメントしちゃいけないと言っているわけではないし、そうおもったらそれはそう言っても何も差し支えないのだけれど、この状態が続いていくと、女性として女性を供給しなくては、ニコニコ動画で楽しく活動できない、そんなプレッシャーを与えているような気がする。タグ検索を使って調べたところ、「実況プレイpart1リンク」が88,271件ヒットしたのに対し、「女性実況part1リンク」は14,887件のヒットにとどまった。実は思ったよりも沢山あってビックリしている面もあるが、女性実況はもっと増えてきてもおかしくないと思う。

 

2014年11月の「月間新着実況プレイpart1ランキング」も、まだまだ男性実況者がその大半を占めている。全体のpart1動画は1/8(8分の1)だが、人気の面で言うとまだまだ差があるといっていいだろう。ゲーム実況を例にあげて考えてみたが、同じニコニコでも違うカテゴリーになるとどのような状況なのだろうか。普段実況動画とアイマス関係の静画くらいしか見ていないから、なかなか想像がつかないなあ。

 

どうして女性の実況ってなかなか人気がつきづらいんだろうか。人気のあるプレイヤーもいるが、それはまだまだ稀有なケースにとどまっている。こういうところも含めて、今度ニコニコが開催するゲームとゲーム実況の祭典・闘会議のユーザー記者をすることになりそうなので、ゲームカルチャーにおけるジェンダー論という目線で調査をすると面白そうかもしれない。どうでしょうかね?

 

 

 

一方視聴者目線になると、動画に寄せられるコメントを見たって、男性っぽい言葉が当たり前に発せられているけれど、これは女性が自分の言葉のまま書き込んだら浮いてしまうから、男性的な文体を送っているのかもしれない、とか考え始めると、女性がニコニコ動画を楽しむのも楽しませるのも大変な気がしてきた。

 

ゲーム自体、まだまだ男がするもの!という感覚があるし、それは今になって薄れてきたけど、あくまで「今になって」だから、もう少し時間がかかるのかもしれない。自分の好きな分野だし、クリエイティブで変化に柔軟な世界だと思っているので、オッサンが沢山いる環境よりも数段早く、さっさと男女比に差がないニコニコ動画が実現してほしい、と個人的には思っております。あと、ホ○とかそういう言葉はあんまり使って欲しくないなあ。有名実況者でも簡単に使っているケースがあるので、控えるようにして欲しい。そういうネタは別に自由だし笑いが取れればそれはOKかもしれないけど、いい言葉ではないからね……(わたしが百合をレズと言われたくないのもそういう理由かも)。

 

読んでくださりありがとうございました。


【リンク】このブログを評価してください。