読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元意識高いブログ・晋也ジェネレーション

最近の話題はラジオ。ニコ生を1年で脱出し嫌いになったり、リア充/オタクワールドいずれにも住めないブログ。

【10秒】このブログを評価してください。


[広告]






100人弱の前でプレゼンした元意識高い学生がパワポ作りに使った5つのサイト

ファシリテーション オススメのモノ紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

訪問ありがとうございます。最近の投稿ペースを舐めるな!

 

 

 

最近の意識は地を這っていますが、ちょっと前はワークショップをやったりファシリテーターをしたりイベントつくったりシンポジウムでたりしてました。100人弱の前で30分話通したこともあります。

 

プレゼンのとき気を使っているのが、パワーポイントやデザインの綺麗さだったりします。もちろん話の内容が一番大事なのですが、デザインのある程度しっかりしたスライドを見せておけば、「このひとはなにかすごいことを教えてくれそう」という雰囲気を醸し出すことができます。面白い小噺を挟まなくてもツカミがとれる、ということですね。

 

デザインが最低限しっかりしていることで、それがプレゼンターへの信頼感につながるのではないでしょうか。反対に、誰でも作れるテンプレートそのままの雑なスライドをみせられると、内容に価値があっても「このひと本当に面白い話してくれるのかな?」という余計な不安を与えてしまいます。大学の講義や有名人のプレゼンとなると、すでに信頼があるので特に気にする必要はないのですが。

 

では、どうすれば信頼感のあるスライドやプレゼンが作れるのですか?ということへの答えは、とにかく「サイトを知っておくこと」これにあると思います。パワポを編集する腕は確かに必要ですが、それなりの無料素材やフリー画像サイトを知っていれば、見てくれのいいスライドを作るのはそこまで難しいことではありません。そういうサイトから引っ張ってきて、PowerPointに最初から入っているクリップアートや図形、テンプレートなどを使わないようにすればOKです。

 

(ソフトに入っているクリップアートや図形、テンプレートなどは「みんなが知っているもの」。これをスライドで見せられると、「このスライドはああしてこうして作ったんだなー」ということが見破られてしまいます。予想がついてしまうと、、聞き手はパワポのつくり方に目がいってしまい、内容に気を向けてくれません。どうやってやったか分からないスライドを作ることが、話に集中してもらう条件です。

 

なので、今回は詳しいつくり方とまでは行きませんが、どのサイトを使っているのか、という紹介だけさせてもらいます。わたしのプレゼンのネタバレになってしまいますが……

 

今回は5つしか紹介しませんが、正直5つあればなんとかなります。厳選したものなので、絶対に参考になります。

 

 

 

 

1.汎用性の高いフリーフォントならココ


フォントと素材集のフリーダウンロードのフロップデザイン

 

フリーフォントを配布しているサイトはたくさんありますが、フロップデザインさんは信頼できます。「スマートフォント」や「01FLOPDESIGN」、「うつくし明朝体」などは癖がなく、かつスライドに独創性をもたらすことができます。

 

使いやすいフリーフォント・スマートフォントUI

 

中立性が高く、悪目立ちしないのでどんな場面にも使えますね。

 

また、このサイトでは期間限定で変わり種のフォントも配布。ひらがな(カタカナ)限定のものが多いですが、「飛び道具」にはもってこいですね。

 

 

 

2.スライドには欠かせない矢印をかっこよく!

 


やじるし素材天国「矢印デザイン」

 

矢印デザインでは自由に使える矢印型素材をダウンロードできます。手書き風やしっかりしたもの、指型など変わり種まで。ダウンロードページでは、PNG(背景透明)、JPEG、AI(イラレ、フォトショ用)から形式を選んでダウンロードができます。一つの矢印素材に、幅、長さ、線の太さが微妙に異なる複数のタイプがあるので、どんなスライドにも対応してくれます。PCに詳しくないわたしみたいな文系にも優しいサイトです。

 

矢印デザインの素材は使いやすいです

 

矢印の種類も多いので見るだけでも楽しいですね。

ちなみに、姉妹サイトには吹き出し、フレーム、人物ピクトグラム素材などの素材サイトがあります。もちろん無料なのでどんどん利用してオリジナリティを出していきましょう。

 

吹き出し素材専門サイト「フキダシデザイン」

human pictogram 2.0 (無料人物 ピクトグラム素材 2.0)

DUST-SOUNDS | ループ・BGMミュージックや効果音素材がフリー(無料)でダウンロードできるサイト

 

 

 

3.「PAKUTASO」よりも使っているフリー素材サイト

 


GATAG|フリー画像・写真素材集 4.0

 

フリー素材サイトと言えばPAKUTASO(ぱくたそ)みたいな風潮が最近じゃないですか。でも、正直ぱくたそのフリー素材ってカブっちゃうんですよね。ぱくたその写真をつかって、誰かから「ぱくたその素材だ……」なんて思われるとちょっと恥ずかしい。別に嫌いなわけじゃないんですが、どこから引っ張ってきたってばれるとちょっと嫌ですよね。わたしはぱくたそを使うなら思いっきりネタで使うか、加工した状態で出してます。

 

で、あんまりバレてないサイトがこのGATAGです。更新頻度も高いし、高画質だし、ジャンルは幅広いし、ダウンロードまでの手間も少ないし、日本語で検索できるし、出てくる女の子がやたらと可愛いのも魅力ですね。だいたいここだけ使っていればなんとかなります。殆どの写真が完全フリーなので(著作者へのリスペクトは必ず持って、注意はよく読んでください)、自由に使うことができます。わたし自身、他のサイトも併用していますが、ここの写真が7~8割を占めています。ブログにも結構登場しているような。

 

フリー画像のオススメはGATAGです

 

とはいっても、写真サイトは結構好みが分かれるので、自分の好きなサイトを見つけるのが一番の近道かもしれません。tumblrをやっている方は、定期的にフリー写真を上げている海外ブログがたくさんあるので、そこをフォローしておく、という手もオススメです。

 

 

 

4.手間のかからない画像圧縮サイト

 


Compressor.io - optimize and compress your images and photos

画像圧縮が簡単にできるCompressor.io

 

 先ほど紹介したような高画質フリー画像は、やっぱりサイズが重いので、そのまま使っているとパワポファイルも重くなってきます。PowerPointで圧縮してもいいのですが、このサイトでは圧縮操作が簡単にできます。

 

画像圧縮が簡単にできるCompressor.io2

 

圧縮操作中はこのような画面になり、どれだけサイズが縮まったか、圧縮前→後の品質比較などがわかりやすく表示されています。ダウンロードや保存も簡単に行えるので初心者にも安心ですね。文系学生は結構画像圧縮を忘れがちなので、怠らないようにしましょう。 

 

 

 

 

5.カラースケールを考えるのが面倒な方へ

 


Coolors - The super fast color palettes generator!

 

有名なWebサイトのカラースケールをランダムに紹介してくれるサイト。

 

Coolorsではカラースケールを紹介してくれます

 

このようにカラースケールをランダムに紹介してくれるので、参考にすればそのままスライドデザインに活かすことができます。スペースキーを押すと次のスケールをランダムに紹介してくれるので、お気に入りのスケールが出てくるまで連打しましょう。

サイトをいじってるとわかるのですが、一部の色をロックし、それ以外の色だけスペースキーで切り替えることもできます。ベースにしたい色だけ固定することができますね。見ているだけでも面白いサイトです。

カラースケールだけでも相当オリジナリティを出すことができます。PowerPointに表示される色をそのまま使っていると(写真などで差を出さない限り)自然と似たり寄ったりな雰囲気になってしまうので、こういうサイトを参考にすることはコスパ的にも有効な戦略になります。

 

 

 

 

という訳で厳選した5つを紹介させていただきました。関連サイト含め、どれも重宝すること間違いなしです。絶対損しないので試してみてください!

 

 

 

 

読んでくださりありがとうございました。

 

 

 

まとめ系とか関連記事

【雑54】最近pocketした記事まとめ・8月25日号【まとめ】 - 大学辞めたい文系のブログ・深夜ジェネレーション

 

ぱくたそのテスクチャ素材を使って、オリジナルティのあるスライド背景を作ろう【ゴミクズライフハック2】 - 大学辞めたい文系のブログ・深夜ジェネレーション

 

 

【雑65】ZO!cZO!cしていただけたでしょうか?【過去記事まとめ】 - 大学辞めたい文系のブログ・深夜ジェネレーション

 

 

【ニコニコ動画】プロデューサー歴1年未満だけどお気に入りのアイマス動画21をまとめてみた【雑71】 - 大学辞めたい文系のブログ・深夜ジェネレーション

 

 

【ゴミクズライフハック1】タイムラインのプレッシャーから逃れる4つの改善案をZO!が紹介する【エッセイ7】 - 大学辞めたい文系のブログ・深夜ジェネレーション

 

 


【リンク】このブログを評価してください。