読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元意識高いブログ・晋也ジェネレーション

最近の話題はラジオ。ニコ生を1年で脱出し嫌いになったり、リア充/オタクワールドいずれにも住めないブログ。

【10秒】このブログを評価してください。


[広告]






徒然なるままに書けるわけ


このエントリーをはてなブックマークに追加

 

訪問ありがとうございます。特に内容のないことを書きます。

 

 

f:id:m4usta13ng:20150706134911j:plain

 

徒然草は、徒然なるままに書こうということで書き始めたら、なんだかすごい量になっちゃって大変大変ということを、その序段で言っているとかなんとか。

 

考えてみれば、徒然ってスタンスで書けるだろうか?そんなに?という疑問が湧く。自分からしたらそんなの書けるわけがない。だいたいは一生懸命考えて書いているし、そうでなくても徒然ではない。兼好法師は色々と舐めていると思う。こんどLINEでそこら辺を注意したい。ID知らないけど。

 

ということで阿呆丸出しな書き出しによって早速つまづいたようにも見えるが、足を、いや筆を引き摺りながらでも今日はブログを書いてやろうと思う。最近全然文章という文章を書いていなかったので、たまには作っておかないと、去年1年かけて150の記事を書いた意味がなくなってしまう、と思ったためである。だから、何でもないようなことを書いてみよう。

 

一人暮らしを始めてからいつも念頭にあるのが、害虫駆除である。数年前に実家を出てアパートに下宿しているが、勿論最低限の家事をこなしながら、害虫だけは勘弁勘弁!という面持ちであらゆる対策を講じている。来客は大抵ゴキブリキャップの数に驚くが、そんなものは関係ない。出ないことが重要なのである。しかしおそらく、特殊な薬品を内包している碁石のようなそれをみた来客は、「過去に奴が訪問しているのだ」という盛大な誤解をおかしているだろう。出ていないのである。早とちりもいいところだ。

 

f:id:m4usta13ng:20130607032539j:plain

 

そんな愚痴愚痴はどうでもいいのだが、そんな要塞の様相である我が家にも、人外の来客がチャイムを鳴らしたのである。悲劇的である。事の発端は、掃除の一環でキッチンの窓を開け放していたことかもしれない。いや、家賃の差に惹かれて一階を選んでしまったことに遡ったほうが賢明だろうか。責任の所在を、どの時間に存在を守った自分に求めるかはさておき、飯の主役を買わなければ、としばしの外出をする際に、家の中からバサバサという音がしたという悲劇の芽を、どうせポリ袋かその類だろう、と摘みそこねたことが発端であった。

 

滞りなく調達を終えて30分後には帰還したのだが、その際は何の音もしなかったのである。おそらく私の知らない内にどこか広いところに向かっていったのだろう、という前向きな予測をしたところでその日は床についたのである。休日にふさわしい、遮るもののない満足な睡眠であった。

 

早めに寝たためか、起きたのは早朝4時くらいになってしまった。私はそこいらの高齢者よろしく新聞紙を手渡しで受け取るなどという健康的な習慣はないし、そもそも新聞はとっていない。一人暮らしの若者にとって、新聞とNHK、そして諸々の新興宗教による訪問はモンスターとのエンカウントに近いのである。FF9だったら視界が一度パリンと割れて、戦闘画面に映るのだ。だいたいトランスゲージが溜まっていないので苦戦する。

 

……そんなことはどうでもよく、午前8時に控えた女子サッカーW杯のファイナルマッチがあったことを知っていたので、そのまま起き続けることにした私は、いっそこの空き時間を駆使して夜までもつ量の飯を作ってしまおうかという粋な閃きに従うことにした。豚肉をだし、茄子を出そうとしたところで、昨晩私の肌をスタンディングオベーションし鳥肌とさせた、例の羽音が響いた。あまりの衝撃、鼓膜ではなくもはや全身の毛穴を通じて聴こえたかのようなその音は、デシベルこそ大したことはなかったが、平成生まれの私に「シェー」のポーズをさせるのには十分すぎた。盛ってない。本当にやったんだ。

 

その音は私に、まさか、あの人気リズミカルローグライクゲーム、NecroDancerをやりすぎて、ネクロダンサーで世界4位になるくらいにやりすぎて、ネクロダンサーのおかげてなんだかすごい人たちをイカで遊んじゃうほどにネクロダンサーをやってしまったから、コウモリの1匹や2匹来てしまったのではないか、という寝起き独特の夢心地な心境を呼び起こさせた。一瞬、例の黒いアイツの影も浮かんだが、それにしては羽音が大きかったので、そういう漫画か銀魂の一幕でもない限りそれはないでしょう、という希望的観測も隠し味として含まれていたことを認めよう。

 

その正体を先に行ってしまうと、なんとスズメであった。

 

f:id:m4usta13ng:20070831180124j:plain

 

スズメが家の中にいるのである。

 

f:id:m4usta13ng:20150706135127j:plain

 

一瞬理解に苦しんだが、それは紛れもなくスズメであった。

 

f:id:m4usta13ng:20080201090954j:plain

 

私はその予測こそ外したが、危惧していたよりもなんてことのない正解だったために一先ずは安堵した。なんたってスズメである。スズメだよ?自分の舌だけ気にしていればあとはどうったってことないのである。

 

安心は束の間、それでもこの来客をなんとか追い出さなければならないのである。言論は通じない。京都人よろしくぶぶ漬けをなんちゃらと囁いても空気を読んでくれるわけでもなし、冷蔵庫の裏に居るのは間違いないそいつをなんとか太陽のしたに誘導しなければならないのである。とりあえず、箒と特大サイズのゴミ袋を両手に装備することにした。

 

しかし逃げ足が速かった。のび太にもできない芸当で私の箒を次々をかわしていく。この予測不能なステップは何なんだ。もしかすると私はスズメ界のリオネル・メッシと相対しているのかもしれない、というくらいに彼は速さは勿論、次の一手を予想する隙さえ与えない独特の軌道で、密室の角という角を渡り歩いていった。オセロならボロ負けである。俺も中島知子の如く謎の中年女性に洗脳されてしまうのではないかと震えていると、奴はそのステップを披露せんばかりに見通しが比較的良いトイレの端に陣取った。折角のショータイムということで、私はスポットライトを当てることにした。

 

f:id:m4usta13ng:20150706135502j:plain

 

紛れもなくスズメであった。便器の斜め後ろにスズメがいるという奇妙な光景に、私は眼を白黒させた。さっきオセロの件があったから白黒と書いたのではなく白黒したのだ。しかし、怯んでいる場合ではない。私はこいつを捕まえて外に出さないといけないのである。本当だったら勝手に侵入しているだから万引きGメンが店の裏に犯人を閉じ込めた後なんやかんやする例のコントをやりたかったが、なでしこジャパンが待っているし、なにより奴は言葉が通じない。だからここで捕まえることにした。私は箒の毛先で彼を絡め身動きを封じだ。箒遣いがうまくいかず、「パブロ練習しとけばよかった」とスプラトゥーン依存性を当たり前のように漏らしていたのがここまでの体たらくを生み出していたが、やっとのことで硬い毛先で彼の体を閉じ込めた。

 

すると、スズメは鳴くのである。スズメの鳴き声といえば、どこかの童謡にもなっているくらいに有名であり、チュンチュンと鳴く。しかし彼は自身のピンチを察知したようで、ビービー、ビービーと鳴くというよりむしろ喚いたのである。この危機察知能力は長谷部誠のようだあ、と感服したのも束の間、早朝に近所迷惑をおかしたことに気づき脂汗が出た。そして悲しくなってきた。濁音をいっぱい付けて、箒の中でスズメが鳴いているのである。悪いことをしているわけではないのに、なんだかどんどんバツが悪くなってくる。泣きたいのはこっちのほうだよ、と、ラフメイカーの歌詞を丸パクリした感情が沸いてさらに悲しくなった。今なら岩清水梓の気持ちがわかると思う。いや、ごめんなさい何でもないです。

 

結局スズメに関しては、ゴミ袋をビニール手袋替わりにして掴み、お天道様の下に還してやった。「人生で言いたいセリフ100選」のうちひとつ、『もうこんなところ帰ってくるんじゃないぞ!』が言えたので最終的には貯金ができた気分だった。その後、私は土足のスズメが家中を闊歩したという衝撃的事実に気づき、家中を消毒する羽目になり、『やっぱり借金生活だわ!セリーグか!』と虚空に向かってたとえツッコミを披露することになった。

 

f:id:m4usta13ng:20150706135611j:plain

 

やっとのことで女子サッカーには間に合ったのだが、結果はあの通りだったので複雑な気分になってしまった。90分を通して観ていた者からすれば特に文句はなく、準優勝に胸を張って、来年のオリンピックに向かってくれ、と言いたくなった。ネクロダンサー世界4位の私よりも断然すごいのである。そもそも私のネクロダンサー世界4位は多くのからくりによって支えられているのであるからなおさらである。

 

そして、そのあとサッカー関連のまとめブログを見てしまったことが私の心に追い打ちをかけた。女子サッカー関連のまとめブログでは、ほぼ9割方は「サッカー」を見に来ていない人間の書き込みなのである。選手の容姿や性的な目線で埋まっていて、どうしてこいつらはサッカーを見たんだろう?という疑問というか怒りしか湧かなかった。ネットだからってなんでも言っていいんだ、と思っている層は、どんな場所にも一定数存在するが、私としては、実社会でもネットであろうとも体外に表出した時点で終わりだ、人間としては終了だ、と心がけているので、やれ可愛い若手世代の○○はどうしただとか、本当に女子選手かとか、セクハラでないにしろ戦犯は○○だとかいうテキストばかりに出くわし、スズメの件も重なってなんというか疲労がどっと溜まってしまった。匿名だからってなんだって、「率直に言う」と「何でもかんでも垂れ流す」という二者には大きな違いがあるということを理解して欲しいと思った。まとめブログなんざ過ぎった自分にも責任はあるので大きくは出られないのだが。

 

 

【リンク】このブログを評価してください。


 

 

ひさしぶりに文章をしっかり書いた気がするので、早めに終わらせておこう。そうでもないとさらに疲れてしまう。累積すると次の試合は出場できないからね。ということでここまでです。

 

読んでくださりありがとうございました。


【リンク】このブログを評価してください。