読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元意識高いブログ・晋也ジェネレーション

インターネットで何度も嘔吐した文系が、キュレーション、フォント、ファシリテーションとかの話をします。タイトルはBase Ball Bearさんの曲をもじったつもりがくりぃむANNリスナーの血が騒いでしまい・・・

【10秒】このブログを評価してください。




[広告]

アルコ&ピース D.C.GARAGE #1(2016年09月27日)感想

ラジオ

 

こんにちは。

 

f:id:m4usta13ng:20160929114514j:plain

 

ラジオの感想なんて書いたことないんですが、ちょっとチャレンジしてみます。どこまで続くかは分かりません。もしかしたらこの記事で終わっちゃうかもしれないけど。

 

【感想】

 

(本編の書き起こしはしない。全部の流れには一通り触れられない。淡々と書く。面白いか面白くないかとか言わない。ラジオは面白い/面白くないの基準で語れるものではないと思う。勿論数字で評価なんてことは死んでもしない。一回きりしか聴いてなく、聴き返したりしないのでうろ覚え。)

 

www.tbsradio.jp

 

多分私以外のアルピーANNリスナーの多くが思っていたことだろうけど、放送前に気になっていたのは、「どこまでANNの風味を残し、どこから新しい要素を見せてくれるのか」というところだった。

 

個人的な願いとしては、ANNとかに囚われずに、思いっ切り新しいことにチャレンジしてほしいな、というものがあったけど、作家が引き続き福田さんだということもあり、どういう塩梅で行くのかは想像がつかなかった。

 

で、結局#1を聴く限りでは、どっちなんだろう、という判断のつかない感じが正直なところ。ラジオ番組が初回で方針をガッチリ固めるなんてまずありえないからそりゃそうなんだけど。

 

一番の変化は生放送ではなく収録になった、というところ。これによって「通しのテーマメール」というのはひとまず御預けになった印象がある。これは、時間が1時間に「縮小」されたことも関連しているんだけど。

 

オープニングの「忍者ネタリバイバル」にはどんなメッセージがあったのだろう。ANN時代の経験にうぬぼれず、新鮮な気持ちでやっていこう!ということだろうか。この感じはその後にも、平子さんがキャラパレードに出演していることを丁寧に語るなど、よく表れてたのではないか。さすがに丸の内OLにウケていこうというのはギャグだけど。

 

ひとまず用意されたコーナーは3つ。「今日のゴシップ」はコーナーコーナーしたものではないとして、「酒井はアニメを作りたいが・・・ラノベのタイトルを」のコーナー紹介では、だんだんと暴走モードに入る酒井さんが登場し、ANNリスナーは思い出すものがあったかもしれない。ラノベのタイトルを考える、というお題なのでどこまで広がるのかは分からないが、もしかしたら滅茶苦茶な方向に飛んでいくかもしれない。

 

そして「LIFE~人生の話~」。平子さんのフリからしても完全に「家族」を想像させる、誘導させるような内容だけど、果たして大方の想像通りに展開するだろうか?という期待感がある。これも個人的には変化を見せてほしいなあとか思っている。

 

リスナーの印象に残ったのはエンディング、「何卒」がなかったこと。エンディングテーマもANN時代は「ビタースイートサンバ」「夢見るバンドワゴン」とどこか切なさが滲み出るような選曲だったが、まだ0時台ということもあるのだろう。

 

なんにせよ、こっからどうなるんだろう!それ以上に、こんなに早く深夜ラジオにアルピーが帰ってきたことをまずは喜びたいと思います。

 

www.tbsradio.jp


【リンク】このブログを評価してください。