読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元意識高いブログ・晋也ジェネレーション

最近の話題はラジオ。ニコ生を1年で脱出し嫌いになったり、リア充/オタクワールドいずれにも住めないブログ。

【10秒】このブログを評価してください。


[広告]






【雑】USBスピーカーを買ったら5,000円でも思いのほか楽しいという話

オススメのモノ紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

訪問ありがとうございます。

 

早速ですがひとつお知らせ。

 

大学生にとってテスト期間はとても大事で、いつもはちゃらんぽらんな奴も人が変わったかのように真面目になり、狸が化けたみたいなキャンパスを、不思議に歩かなくてはならないというのがテスト直前の大学なのです。建物も何もかも、狸あるいは狐が歩いているのではないでしょうか?という心境になります。私はそういったスイッチの切り替えが得意ではないので、テスト期間も気合を入れることができないのがダメですね。いつも通りだらだらと勉強をしています。徹夜をする気合もありません。いざという時ダメな性格です。

 

というわけでブログの方は少しずつ減らしていきます。とは言っても、すでに平日毎日投稿は守られていなかったけれど。

夏休みに関しては、合宿にいったり外泊をすることがかなり増えるので、あらかじめ記事のストックを増やしておこうかなと思います。山の中にいてもなるだけ更新はしていきます。元々自分の備忘録でもあるので、書かないとリズムがつかないんですね。

 

というわけで、今日は久しぶりに買い物をしたので紹介をしようと思います。

 

さきに結論を言ってしまうと、

2,000円の安物スピーカーを買うなら、5,000円の中堅スピーカーを買ったほうが幸せになれます!ということです。私自身、音楽は好きですが、そこまでオーディオにお金を掛ける余裕がないので、似たような境遇のかたにおすすめできる記事にしてみました。

 

先に出してしまうと、今回買ったスピーカーというのがこちら。

 

 

【国内正規品】JBL PEBBLES バスパワードスピーカー USB DAC内蔵 ブラック PEBBLESBLKJN

なんでまたスピーカーが欲しくなったかというと、プレゼンをするとき用、というのが大きな理由でして、私のプレゼンは環境音を筆頭にBGMに頼って飽きさせない、という作戦を敷いているので、スピーカーは必須、という事情があります。そこで、今までは、いわゆる安物のスピーカー、2000円くらいのものを使用していました。ある程度の音量が出せるもので、ステレオジャックにつなげればすぐに使えるものでしたが、ACアダプターを電源にしていたため、コンセントが遠い、また線がその分増えてしまう、という問題がありました。

そこで、今回はUSB電源のスピーカーを求めていたのですが、探しているうちにコレに出くわした、というわけなのです。

 

f:id:m4usta13ng:20140719155716j:plain

写真を撮ったときは、ロマサガ2のサントラ音源が公開された時のニコ生をタイムシフトで聴いていました。部屋は6畳程度ですが、3割以下の出力で満足な音量を出すことが出来ます。学校の教室レベルの大きさでも余裕で活躍することが出来ますね。

f:id:m4usta13ng:20140719155733j:plain

まず、使いやすさから言いますと、あまり詳しくない人でも楽に使うことができる、というのが魅力になっています。

USB電源なので、ACアダプターを使わずともUSBを差し込むだけで電源を点けることができます。コンセントが無くても使用できるので、場所を問わず持ち込むことができるのです。

また、次の写真を見るとお気づきになるかと思いますが、

f:id:m4usta13ng:20140719155741j:plain

はい、ステレオジャックに挿さなくても、ほんとうにUSBを差し込むだけで音を流すことができます。もうほんと楽。

学生イベントの場面をはじめとして、PCから音を流さなくてはならない場面があって、慣れない場所で使わなくてはならないので、こういったスピーカーがあると役にたってくれそうです。

 

また、PC専用なのか?というとそうではありません。スマホの充電などに使用しているUSBとコンセントの中継を利用すれば、iPodウォークマンをつなぐこともフツーに可能です。

f:id:m4usta13ng:20140719155846j:plain

通常のスピーカーとして使用しても構いません、ということですね。万能で使用できます。ステレオプラグは付属品として付いてきますが、自前で持っているものを使うことも出来るので、長さが足りない!と思っても対策を立てることは可能です。

 

f:id:m4usta13ng:20140719155921j:plain

音量調節は、写真の円盤のようになっているコレを、昔の電話みたいに回すことで細かく設定することができます。PCにつないでいるときは、画面から調節することが出来るので煩わしさはカットされています。また、中央に電源マークがありますが、やはり、そこを押すことでON/OFFを切り替えることができます。

 

そして、大事なのは音質ですが、さすがに10k(10,000円)を超える高級スピーカーには敵いませんが、今まで安物を使っていた身からすれば、段違いの性能を誇っています。JBLさんは流石だなあ、というニワカ発言も飛び出してしまうほど。何より、低音、音の厚みが違いますね。ああ、本来こういう音だったのか、という再確認が出来ます(小並感)。

そして、高級スピーカーではないので、気軽に外に持ち出すことが出来ます。大きさ、重さともに大したことがないので鬱陶しさというものは無いはずです。

 

 

利便性だったらBluetoothスピーカーじゃダメなの?という質問が来そうですが、確かにそうなんですが、多くのBluetoothスピーカーが、

・AC電源

・高い

・2つに分かれていない

というタイプだったこと、そして、以前使っていたBluetoothマウスが原因不明の壊れ方をしてから、なんだか信用できない、という理由で避けました。Bluetoothは使用する電力が大きいため、電池式、USB式というものが普及していないようです。もう少しまてば、よさげなものが出てくるかもしれませんね。

 

 

読んでくださりありがとうございました。


【リンク】このブログを評価してください。